遺言がトラブルの火種になる場合

人が亡くなった時、遺産相続が行われます。
その多くの場合、大なり小なりトラブルがおこります。
法律上の問題がない場合でも、感情的なトラブルになることがあります。
実はこちらのほうが厄介なケースも。

その一例が、遺言が発見された場合です。
遺言の内容を家族や親族が了解している場合は問題にならないのですが、
死後に発見された場合は必ずしもそうは行きません。
なぜなら相続人は最低でも法定相続分の遺産を期待しているからです。

しかし遺言が発見された場合、法定相続分以上もらえる人と、
それ以下で我慢しなければならない人に分かれてしまいます。
そんな時は、専門家が入っていないと感情的な問題になりがちです。

想像してみてください。あなたが故人のご兄弟だったとします。
あなたの元に故人の奥さんが来て一通の遺言書を見せます。
「ほら。これを見つけたわ。あなたは1円の遺産も貰えないのよ。」と
言ったとしたら。

たぶん平静ではいられないことでしょう。
私だって同じだと思います。
その遺言が法的に有効かどうかも判断しかねることでしょう。
「そんなバカな。ちょっと見せてよ。有効なのこれ?本当?
そんなに遺産を独り占めしたいの?」
「なに言っているのよ!」
残念ながら、こんな調子で感情的なトラブルになることが多いのです。
もちろんご本人はそんな口調で言っているつもりはないことでしょう。
でも相手にはそう聞こえてしまうことがあるのです。

一方、専門家が遺言を確認し、適切なアドバイスを
したならどうでしょう。
きっと受ける感じはまったく違うと思います。

上手に対応すれば感情的なトラブルを防ぐことができます。
これが関係者すべてに最も良い結果となることでしょう。

私たちは遺言はとても大切だと思っています。
故人の最後の意思を伝える有効な方法だからです。
しかし遺言による感情的なトラブルが多いことを知っている人は
多くありません。

ですから誰かが亡くなった時には、まず専門家を
呼ぶことをお勧めいたします。
相談に行くとなると、全員では行けません。
だから家族全員がいるところに来てもらう方が安心です。
そうすれば遺言が見つかった時や感情的になりそうな時でも
穏やかに収まる事でしょう。

私たちは出張サービスを行っております。
決して高い金額ではありません。
きっと残されたご遺族に喜んでいただけることと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする