相続の準備は事前に行うことをおすすめします

相続の準備は事前にするのが理想的ですが、
なかなかむずかしいものです。
しかしAさんは知人が相続で苦労した話を聞き、
事前に相談においでになりました。

Aさんは5年前からお父さんとお母さんそして自分の妻子と
一緒に住んでいます。
家は父子で半分づつ出して土地と家を買いました。
ですから名義はAさんとお父さんが半分づつの共有です。

「父にもしもの事があったら、自宅は自分のものになるのですよね?」と
Aさん。
Aさんもお父さんも
「共有者が亡くなると自動的にもう一人のものになる」と
思っていたようです。

しかし法律は違います。
相続人全員で話し合って分けることになります。
つまりお父さんが亡くなると、お父さんの共有分はAさんの
兄弟全員で分けることになりかねません。
それを聞いてAさんもお父さんも慌てました。

不動産の共有による相続トラブルはよくあるケースです。
もし事前の準備がなければ、今回も揉めていたかもしれません。

しかし相続前だったのでお父さんとAさんは
相続人のご兄弟全員と話し合いを持ちました。
そして全員が納得した結果で遺言書を作ることができました。
これで万が一の時も揉める心配はありません。
Aさんとお父さんのほっとした表情が印象的でした。
不動産を共有している方は一度事前の相談を受けて見るのは
いかがでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする