台湾の朝陽科技大学が(社)行請舎を訪問

9月2日、台湾の朝陽科技大学の教授ら8名が弊社の見学に
おいでになりました。

彼らは老齢の方のフォローをする人材を輩出するための学部を
3年前に立ち上げたとのことでした。
老人のレジャー、介護、葬儀関係の三分野に分かれて
研究しているそうです。

2時間半にもわたりさまざまな質問をお受けしました。
教授の一人が日本語に堪能だったので、すべて日本語だけで
お話できたので助かりました。(笑)

全員が真剣な討議をされていました。
老人問題がクローズアップされているのは日本も台湾も同じようです。

彼らの真剣な態度を見て、私たちも逆に励みを受けました。

最後に「皆さんのお仕事はまだ始まったばかりだと思います。
しかしこれからを楽しみにしております。」という言葉を頂きました。

これからも実績を積んで行きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする