難しい相続の場合

父親が亡くなり、兄弟での話し合いの結果、長男のAさんが自宅を
相続する事になりました。

ところが土地の一部が父親と叔父さんとの共有名義になっていることが
わかりました。

これでは相続をしても将来的に問題になりかねません。

叔父に相談したところ「持分を譲っても良い」と言ってくれましたが
それに見合うお金は高額でした。

伯父さんは「じゃあ、贈与してもいいよ」とまで言ってくださいましたが
税金のことや今後のことも心配です。

そのためAさんは私たちのところにご相談にお越しになりました。

そこで税理士の先生と協力し何年かに分けて買取と贈与をする事で
買取費用、不動産取得税、贈与税を抑えつつ、早めに持分の譲渡を
終わらせる方法を考えました。

その結果Aさんは最善の方法を選ぶことができました。

「これで安心できる」とAさん、叔父さんにも喜んでいただけたのは
幸いでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする