争続を避ける気遣い

「相続は争続」と言われるように、時に遺族に感情のしこりを残します。
そのため私たちの仕事は単なる手続き代行以上の気遣いが求められます。

先日も深刻な顔をした男性が相談に来ました。
「先月亡くなった父の預金を兄が隠したようです。兄から渡された財産目録には、あるはずのA銀行が見当たりません。」
私たちが遺産調査を行うとA銀行が出てきました。
「やっぱり!!」男性がいきり立ちました。すぐにでも飛んで行きそうな勢いです。

そこで少しの時間座って一緒に話をすることを提案しました。
「私が依頼された仕事はここまでです。でも大事な話をさせてください。」と私。
いぶかしげな表情の男性に話を続けます。
「私が見たかぎり、お兄様は口座の存在を知らなかった可能性があります。争いになっては取り返しがつきません。まずはお兄様を信じる姿勢でお話してみはいかがでしょう」

数日後、その男性から連絡がありました。「兄は本当にA銀行のことを知りませんでした。思わぬ遺産が見つかった、と兄に感謝されてしまいました」と照れ臭そうに言われました。

相続や葬儀後のご相談は無料の出張サービスでお受けしています。

0120-978-546 相続出張センター(社)行請舎まで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする